私達と共に家づくりをされる場合は、下記の流れが一般的となります。
 
「話を聞いてみたい」と思ったら、まずはお電話やメールでご連絡いただき、事務所へお越しください。

設計事例をお見せしたりしながら、私達の設計の考え方や流れなどをお話しいたします。
また、住宅に関する要望・希望を、ざっくばらんにお話いただければと思います。
土地や予算、住宅に関する疑問などがありましたら、相談もお受けいたします。

価値観が合うかどうか、判断していただくための面談なので、無料で行います。
 
STEP1の面談を経て、さらに「提案を見てみたい」と思ったら、基本プラン依頼をしていただきます。

敷地条件、法的制限をチェックしながら、ヒアリングした要望・希望を基に、基本プランを作成します。
住宅のイメージが分かるよう、コンセプト図、平面図、立面図、模型、スケッチ等を作成し、概算費用(工事費、設計監理料、諸経費等)をお出しします。


この基本プラン提案の費用は、約105,000円(消費税込)+経費です。後に設計契約を結んだ場合には、設計監理料から差し引きます。
 
STEP2の基本プランで合意に至ったら、設計契約を結びます。

設計料は面積に応じて算出します。

構造計算が必要な建物(鉄筋コンクリート造、鉄骨造、木造3階建、混構造)の場合は、別途構造費用がかかります。

また住宅性能表示制度、長期優良住宅制度等への対応費用は別途となります。
   
 
  何度か打合せを重ねて、基本プランを修正し、詳細を詰めていきます。
プランがまとまり、配置、平面、立面、断面、仕上げ等が確定した段階で、基本設計書を作成します。 


プランや仕上げ等、お客様の要望をまとめたものを基本設計図書として作成します。
打合せをしながら、約1〜2ヶ月ほどで作成します。
     
次に、工務店が見積をできるよう、実施設計図を描きます。

実施設計図には配置図、平面図、立面図、断面図の他に、展開図、断面詳細図、建具表、部分詳細図、外構図、構造図、設備図等が含まれます。

各メーカーや確認審査機関等と調整が必要なため、実施設計図書の作成には、通常約3ヶ月のお時間をいただいております。
    
  確認申請に必要な書類をそろえ、確認審査機関に提出し、確認申請手続きを代行します。

確認審査機関に支払う申請料は、別途となります。
    
  工務店を数社選定し、見積りを依頼します。適正価格とするため、通常3社程度としています。

工務店が算出した見積を分析し、工務店と面談を行います。安心して家づくりを任せられる工務店かどうかを見極めるためでもあります。

予算に見合った工事価格となるよう、価格調整を行います。

合意に至ったら、建主と工務店の間で、工事契約を結びます。
    
 
地鎮祭を執り行い、いよいよ着工です。

工事現場に足を運び、地盤、配置、高さ、構造、仕上げ、設備等が図面通りに仕上がっているか確認します。調整や変更が必要な箇所が発生した場合には、判断して指示を出します。
途中段階での構造検査や完了検査を適宜行います。

竣工し完了検査が終わったら、引渡しです。
    
 
  竣工後、不具合があれば工務店が随時対応します。

せっかく建てられた住宅には、長く快適に暮らしていただきたいもの。リフォーム等のご相談もお寄せください。
  やなぎさわ建築設計室一級建築士事務所 〒162-0041新宿区早稲田鶴巻町109 DOMANI-501
TEL:03-3205-7712 FAX:03-3205-7713 

Copyright 2012 Yanagisawa Architects All Rights Reserved